西蓮寺(茨城県行方市)


西蓮寺(茨城県行方市)の地図情報☜

西蓮寺(茨城県行方市)について

天台宗西蓮寺は,延暦元年に桓武天皇勅願により創建されたと言われる名刹です。仁王門、相輪塔(そうりんとう)は国指定重要文化財となっています。9月24日~30日には、7日7夜にわたって堂内を廻りながら読経する法要である「常行三昧会(じょうぎょうざんまいえ)」がおこなわれます。
彼岸花も見頃である。
11月下旬~12月上旬には大銀杏の黄葉が見られる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒311-3514 
茨城県行方市西蓮寺504

電話番号

0299-56-0107

交通アクセス

(1)常磐道土浦北ICから60分

(2)東関東道潮来ICから45分

すべての基本情報を見る

西蓮寺は、茨城県行方市に位置する。寺院は、一塔で構成され、境内には浄土の教会、寺院屋、清水寺などがある。多くの寺院では、日本一の高さを誇る三峡大橋がある。西蓮寺は、明治30年(1890)に沢山の方々を集めて、茨城県行方市に建てた寺院である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。