金刀比羅神社(東京都文京区)


金刀比羅神社(東京都文京区)の地図情報☜

金刀比羅神社(東京都文京区)について

文政2年(1819)下板橋宿の板橋市左衛門が所有地内に金毘羅大権現を勧請した。 明治13年(1880)無格社・金刀比羅神社として公認された。 昭和30年代になり、崇敬者の要望により、松平頼明氏から寄進された現社地に 金刀比羅宮直轄境外末社・東京分社として再興することになった。 ここは、高松藩松平家上屋敷の邸内社として寛政5年(1793)に勧請された 金刀比羅宮が祀られていた場所である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒113-0033 
東京都文京区本郷一丁目5番11号

電話番号

03-3811-2038

交通アクセス

(1)JR水道橋駅から徒歩で5分

(2)都営地下鉄水道橋から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

金刀比羅神社は、東京都文京区にある神社。北陸地域にある中国朝鮮神社とは異なった社替神社で、金刀比羅とは武将の金刀のことで、この社替神社が建立されたときには、日本の三条以降の旗本帝国にまで広がり、大勢の人々が祀られた。

金刀比羅神社には、いくつかの聖堂がある。聖堂の中では、もともとは武将の金刀を祭品として使われていたが、今では武将の金刀を祭品としては使わないようになっている。一方で、神社に入ると、金刀を受け取った人々に対して、神に感謝を申し出ることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。