北野神社(牛天神)


北野神社(牛天神)の地図情報☜

北野神社(牛天神)について

源頼朝東国経営の折、この地で波風の静まるの待つうちに、夢に菅原道真が現れて、二つの吉事があると伝えた。お告げどおりなり、ここに社殿を造営した。また夢からさめると道真の立っていた跡に、牛の形をした石があった。このため「牛天神」とも言われている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒112-0003 
東京都文京区春日1-5-2

電話番号

03-3812-1862

交通アクセス

(1)都営地下鉄春日駅から徒歩で10分

(2)東京メトロ後楽園駅から徒歩で10分

(3)飯田橋駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

北野神社は、牛天神が祖国へと移住した神社です。北野神社は、紀元前1世紀半ばに日本列島の北部にあったとされています。牛天神は、北野神社に祖国への移住を求めて、空中で祈り、何とか北野神社へと移住しました。

北野神社は、牛天神の祖国への移住の話を中心に、北野神社の紀元前1世紀半ばにおける日本列島の風景や神話などを展示しています。また、北野神社における牛天神の祖国への移住の話を中心に、牛天神の祖国への移住の話を展示している特別展もあります。

北野神社は、東北地域にあるたくさんの神社と共に、日本神話における重要な神様の一つとして有名です。また、北野神社には、牛天神が祖国への移住を求めて来た空中祈りの場所としても有名です。
北野神社は、牛天神が祖国へと移住した神社です。北野神社は、紀元前1世紀半ばに日本列島の北部にあったとされています。牛天神は、北野神社に祖国への移住を求めて、空中で祈り、何とか北野神社へと移住しました。

北野神社は、牛天神の祖国への移住の話を中心に、北野神社の紀元前1世紀半ばにおける日本列島の風景や神話などを展示しています。また、北野神社における牛天神の祖国への移住の話を中心に、牛天神の祖国への移住の話を展示している特別展もあります。

北野神社は、東北地域にあるたくさんの神社と共に、日本神話における重要な神様の一つとして有名です。また、北野神社には、牛天神が祖国への移住を求めて来た空中祈りの場所としても有名です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。