安国論寺


安国論寺の地図情報☜

安国論寺について

開山は日蓮上人として創建。ここも妙法寺と同じく松葉ヶ谷法難の跡と伝えられる。日蓮が鎌倉にきて初めて道場とした岩窟がこの寺がつくられるもととなり、「立正安国論」もこの岩窟で書かれたという。この場所に寺ができたのは日蓮の弟子日朗が岩窟のそばに建てた「安国論窟寺」が始まりで、のちに安国論寺とよばれるようになったといわれる。
※市内寺社の新型コロナウイルス対応については、鎌倉観光公式ガイド(https://www.trip-kamakura.com/article/8265.html)よりご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~16:30

休業:月 祝祭日以外の月曜日が休み

所在地 〒248-0007 
神奈川県鎌倉市大町4-4-18

電話番号

0467-22-4825

交通アクセス

(1)鎌倉駅からバスで(名越(なごえ)下車徒歩5分)

(2)鎌倉駅から徒歩で12分

すべての基本情報を見る

神奈川県鎌倉市にある安国論寺(あんこくろんじ)は、鎌倉時代に建立された浄土宗の寺院です。正式名称は「安国山浄土宗 薬王院 安国論寺(あんこくさん じょうどじょう やくおういん あんこくろんじ)」です。

安国論寺は、源頼朝の側近であった北条政子によって建立されました。北条政子は、源氏の保護者として知られ、安国論寺を開山して、法華宗の信仰を深める場所としました。

この寺院は、鎌倉時代の風格を残す美しい庭園や建物が特徴であり、歴史的な重要性を持つ名刹です。境内には政子の墓や、重要文化財に指定されている本堂があります。

安国論寺は、鎌倉市内でも特に重要な寺院の一つであり、多くの人々が歴史や文化を感じに訪れます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。