光則寺


光則寺の地図情報☜

光則寺について

日蓮上人の弟子日朗上人が、北条時頼の側近宿屋光則の屋敷に開いた。1260年(文応1)日蓮上人が「立正安国論」を幕府に差し出した場所として知られている。境内は、四季折々の花が絶えない美しい庭で、特に4月上旬に咲く樹齢約150年のカイドウが見事。
※市内寺社の新型コロナウイルス対応については、鎌倉観光公式ガイド(https://www.trip-kamakura.com/article/8265.html)よりご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:8:00~17:00

所在地 〒248-0016 
神奈川県鎌倉市長谷3-9-7

電話番号

0467-22-2077

交通アクセス

(1)長谷駅から徒歩で7分

すべての基本情報を見る

西洋の寺とは、中国の寺とは違うものです。西洋の寺は、神社や建物における建物のデザインや用途を象徴しています。例えば、スコットランドの寺は、天井から高く浮き上がる大きな塔が特徴的です。また、メキシコの寺などは、建物の外観や中にある建物のデザインにも注力しています。

ただ、西洋の寺には、神社の建物が一般的ではありません。例えば、スコットランドの寺の場合、神社の建物はありません。その代わりに、寺院の中にある建物が多く、神社の建物とは違う形です。また、西洋の寺の場合、神社がある場合と違うのは、神社には祈祷堂や喫茶店などがあることです。

西洋の寺は、神社や建物といった建物のデザインや用途を象徴しています。その代わりに、寺院の中にある建物が多く、神社の建物とは違う形です。また、西洋の寺の場合、神社がある場合と違うのは、神社には祈祷堂や喫茶店などがあることです。

西洋の寺は、神社の建物が一般的ではありません。例えば、スコットランドの寺の場合、神社の建物はありません。その代わりに、寺院の中にある建物が多く、神社の建物とは違う形です。また、西洋の寺

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。