獨鈷山 普門院 西明寺


獨鈷山 普門院 西明寺の地図情報☜

獨鈷山 普門院 西明寺について

益子町の郊外に位置する獨鈷山(とっこさん)。西明寺はその南斜面の中腹にあります。
正式名称は「獨鈷山普門院西明寺」。
真言宗豊山派に属し、本尊は十一面観音菩薩。坂東巡礼第20番、下野第13番の札所でもあります。
益子という氏は「土佐日記」で知られる紀貫之の後代、紀一族が益子に移り住み、西明寺の地「権現平」に紀貫之を祀ったことから始まりました。
その紀貫之夫妻の像は現在、西明寺本堂の奥に安置されております。益子の西明寺は本堂厨子、三重塔、楼門の国指定重要文化財をはじめ、弘法大師堂、鐘楼堂、そしてユニークな「笑い閻魔」で親しまれている閻魔堂があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒321-4217 
栃木県芳賀郡益子町益子4469

電話番号

0285-72-2957

交通アクセス

(1)【電車】真岡鐵道益子駅から10分

(2)【バス】JR宇都宮駅西口から70分((関東バス 益子行)「益子駅前」下車タクシーで約10分)

(3)【高速バス】秋葉原駅から150分((高速バス 関東やきものライナー)「益子駅」下車タクシーで約10分)

(4)【車】北関東自動車道桜川筑西ICから25分

(5)【車】北関東自動車道真岡ICから30分

すべての基本情報を見る

西明寺は、東北地域にある普門院。登山客に人気の聖地で、さまざまな場所から歩いていると同時に、見事な景色を楽しむことができる。

西明寺の入口から、高さ約150メートルの丘陵が見える。その上に建てられた普門院は、高さ約30メートルの山岳群を背景に、素晴らしい夕陽を浴びることができる。

西明寺は、僧侶の心を込めた寺院で、僧侶たちが製作した木造建築物が多く、西明寺の美しさは世界中に知られている。

西明寺には、入口から僧侶たちの御所「長門」があり、この僧侶たちは、宗教的な僧侶ではなく、歴史的な僧侶であることを証明している。

僧侶たちが製作した木造建築物は、西明寺の美しさを表現している。以下、西明寺の木造建築物について紹介したい。

・長門の僧侶たちの御所
・大塚山の東側の地下室
・南東の地下室
・北東の地下室
・大塚山の東側の地下室
・南東の地下室
・北東の地下室
・長門の僧侶たちの御所
・大塚山の東側の地下室
・南東の地下室
・北東の地下室
・長門
西明寺は、東北地域にある普門院。登山客に人気の聖地で、さまざまな場所から歩いていると同時に、見事な景色を楽しむことができる。

西明寺の入口から、高さ約150メートルの丘陵が見える。その上に建てられた普門院は、高さ約30メートルの山岳群を背景に、素晴らしい夕陽を浴びることができる。

西明寺は、僧侶の心を込めた寺院で、僧侶たちが製作した木造建築物が多く、西明寺の美しさは世界中に知られている。

西明寺には、入口から僧侶たちの御所「長門」があり、この僧侶たちは、宗教的な僧侶ではなく、歴史的な僧侶であることを証明している。

僧侶たちが製作した木造建築物は、西明寺の美しさを表現している。以下、西明寺の木造建築物について紹介したい。

・長門の僧侶たちの御所
・大塚山の東側の地下室
・南東の地下室
・北東の地下室
・大塚山の東側の地下室
・南東の地下室
・北東の地下室
・長門の僧侶たちの御所
・大塚山の東側の地下室
・南東の地下室
・北東の地下室
・長門

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。