龍門寺(群馬県高崎市)


龍門寺(群馬県高崎市)の地図情報☜

龍門寺(群馬県高崎市)について

徳川家康より12万石を賜わり箕輪城主となった井伊直政が建立した寺。山門は1796年に再建されたもの。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒370-3106 
群馬県高崎市箕郷町東明屋甲22

電話番号

交通アクセス

(1)高崎駅からバスで40分

すべての基本情報を見る

門寺は、東高崎市にある。高崎市には、明治天皇の聖堂があり、門寺も同市にある。門寺は、明治時代には、天皇の墓地として使用され、昭和天皇が1956年に門寺を設立したことで、門寺としての地位を確立した。

門寺は、高崎市内にある三条通りに面しており、入口が、三条通りの入口にある。入口には、天皇の墓地に含まれる「天皇の聖堂」がある。

門寺内には、天皇の聖堂、毎年3月1日に開かれる「天皇の御祭」のための祭壇、墓地内にあるお寺などがある。

門寺には、明治時代に、天皇の墓地として使用された木造建物が多数残っている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。