高徳寺


高徳寺の地図情報☜

高徳寺について

建仁元(1201)年、信州粟原(長野県)に正行寺として釈了智によって開山されました。その後数回移り渡り、明治41(1908)年にこの地に移りました。
平成26年2月、中野区認定観光資源に認定されました.

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
東京都中野区上高田1-2-9

電話番号

03-3369-6947

交通アクセス

(1)中央線「東中野」駅から徒歩で12分

(2)東京メトロ東西線「落合」駅から徒歩で14分

すべての基本情報を見る

高徳寺は、高知県の西部に位置する。宇宙の法則に従って敷地を結んだ神社で、建物の高さは約16メートル。寺内は、天井から見上げる高い塔と、建物内にある横断壁を挟んでいる。

塔の向こう側には、平和な風景が広がっている。寺内は、夜間に建物内に照明を入れるため、夜の景色は美しい。平成28年6月、高徳寺を訪れた日本の文化運動会長・岡田太郎氏によると、寺内は、日本の神道文化における「祖先の祝福と守護の所」として重要な位置を占めていると語られている。

高徳寺の運営は、東北地域の県立歴史文化財団が行う。寺内は、夜間に建物内に照明を入れるため、夜の景色は美しい。平成28年6月、高徳寺を訪れた日本の文化運動会長・岡田太郎氏によると、寺内は、日本の神道文化における「祖先の祝福と守護の所」として重要な位置を占めていると語られている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。