宝仙寺三重塔跡


宝仙寺三重塔跡の地図情報☜

宝仙寺三重塔跡について

宝仙寺三重塔は、現在の区立第十中学校の校庭にありました。寛永年間(17世紀前期~中期)の建築で、昭和20年(1945)5月の大空襲で焼失しました。
平成26年2月、中野区認定観光資源に認定されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
東京都中野区中央1-41

電話番号

03-3371-7101

交通アクセス

(1)都営大江戸線「中野坂上」駅から徒歩で4分

すべての基本情報を見る

宝仙寺三重塔跡は、日本の寺社の一つで、寺院内に三重塔がある。三重塔は、南北対称な高さに挟まれ、上部には美しく燦然と光る大天宝寺の一部が掛かる。

三重塔は、建てられたのが1553年。宝仙寺は、歴史に基づいている寺院であるため、建物の色彩やデザインについては、多くの寺院と同様に、多くの地域で愛されている。

三重塔跡は、東北地域にあり、青森県、岩手県、宮城県、福島県などの地域にまで拡大されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。