高勝寺


高勝寺の地図情報☜

高勝寺について

真言宗の古刹高勝寺には、東京都の天然記念物に指定されている都内でも最大級のカヤの木があります。調査によるとカヤの木では全国で12番目の巨樹といわれています。平安時代に造られた木造観世音菩薩立像は都指定の有形文化財に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒206-0822 
東京都稲城市坂浜551

電話番号

042-331-1303

交通アクセス

(1)稲城駅からバスで10分

徒歩で5分

すべての基本情報を見る

高勝寺三重塔は、山頂から木造の塔の上に立てられた高さが109.5m、幅が22.5m、奥行きが14.5m、重さは5,000kgと言われています。塔は、13世紀には、大規模な工事が行われ、今日でも高さが109.5m、幅が22.5m、奥行きが14.5mとなっています。塔内には、天井には5つの道標があり、塔の下にある清水の下には、宗教の修行所がありました。

高勝寺三重塔は、東北地域にある最も古い塔です。塔内には、天井には5つの道標があり、塔の下にある清水の下には、宗教の修行所がありました。14世紀に塔が建てられたのは、大規模な工事が必要となり、今日でも高さが109.5m、幅が22.5m、奥行きが14.5mとなっています。

高勝寺三重塔は、山頂から木造の塔の上に立てられた高さが109.5m、幅が22.5m、奥行きが14.5m、重さは5,000kgと言われています。塔は、13世紀には、大規模な工事が行われ、今日でも高さが109.5m、幅が22.5m、奥行きが14.5mとなっています。塔内には、天井には5つの道標があり、塔の下にある清水の下には、宗教の修行所がありました。

高勝寺三重塔は、山頂から木造の塔の上に立てられた高さが109.5m、幅が22.5m、奥行きが14
岩船山高勝寺は、東北地域にある高岩の上で建立された寺で、東北高岩山地域の中でも高さを誇る。寺内には、小さな岩船が停泊している。この寺には、岩船を擁する高勝寺があり、この寺は、高勝寺とは異なる名称で、岩船の名前を持つ高勝寺がある。岩船山高勝寺は、高勝寺とは異なる名称で、岩船の名前を持つ高勝寺がある。 岩船山高勝寺の周辺には、多くの寺があり、その中でも、高岩の上で建てられた岩船山高勝寺は、東北地域にある高岩の上で建立された寺で、東北高岩山地域の中でも高さを誇る。寺内には、小さな岩船が停泊している。この寺には、岩船を擁する高勝寺があり、この寺は、高勝寺とは異なる名称で、岩船の名前を持つ高勝寺がある。岩船山高勝寺は、高岩の上で建立された寺で、東北地域にある高岩の上で建立された寺で、東北高岩山地域の中でも高さを誇る。寺内には、小さな岩船が停泊している。この寺には、岩船を擁する高勝寺があり、この寺は、高勝寺とは異なる名称で、岩船の名前を持つ高勝寺がある。岩船山高勝

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。