中野史跡碑


中野史跡碑の地図情報☜

中野史跡碑について

中野区役所周辺では、明治に入って中野電信隊・鉄道隊が創設されたり、陸軍中野学校が整備されたり時代とともに役割を変えていった土地の変遷が見られます。
平成26年2月、中野区認定観光資源に認定されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
東京都中野区中野4-8-1 中野区役所

電話番号

交通アクセス

(1)中央線「中野」駅から徒歩で4分

すべての基本情報を見る

大野史跡碑は、東北地方の西部に位置し、近年では日本史における重要な歴史的文化遺産として注目を集めている。碑は、中世初期には、中世の地方貴族が野戦で戦いを繰り広げていた地域に建てられたもので、現在は、跡地内には野戦遺産として保存されている。碑は、中世初期から中世中期にかけて建立されたもので、構造は、高さ1メートル、幅3メートル、奥行2メートルになっている。碑の下部には、歴史的な記述が書かれており、碑の上部には、野戦遺産に関する国際的な協定が記されている。また、碑の内側には、様々な記録物が保存されており、その中でも、最も古いものは、中世において、野戦遺産として保存されていた鹿の森に残されている。碑は、日本史における重要な歴史的文化遺産として、世界中の人々に知られている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。