鈴木九郎宝篋印塔


鈴木九郎宝篋印塔の地図情報☜

鈴木九郎宝篋印塔について

昔、中野の地を開拓し中野長者と呼ばれた鈴木九郎の墓で、成願寺に安置されています。
宝篋印塔とは、仏塔の一種で身分の高い人に対して用いられるそうです。
平成26年2月、中野区認定観光資源に認定されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
東京都中野区本町2-26-6

電話番号

交通アクセス

(1)丸ノ内線「中野坂上」駅から徒歩で

すべての基本情報を見る

第二章 東北地域名物としての理由

第一章 ところで、なんで東北地域の名物なの?

東北地域には、たくさんのお酒を生み出してきたのです。その中でも、特にお酒の種類が多いのが東北地域のお酒と言えるでしょう。東北地域のお酒の種類は、広く知られているけれども、その中でも、特に人気の高いものがあります。その一つが、鈴木九郎宝篋印塔です。

鈴木九郎宝篋印塔は、東北地域に生み出されたお酒の中でも、最も人気の高いお酒の1つです。そのお酒の種類は、酒樽、酒杯、酒壺など、幅広く使われています。しかし、鈴木九郎宝篋印塔のお酒の種類は、特に人気が高いのは、鈴木九郎宝篋印塔の赤ワインです。

なぜなら、鈴木九郎宝篋印塔の赤ワインは、お酒の種類によっては、どのような味を持つものかが変わるということです。赤ワインは、酒の中にたくさんの果実を含んでいるので、その果実の味が持ち味となります。そのため、お酒の種類によっては、何かと違う味を持つことがあります。そのため、鈴木九郎宝篋印塔の赤ワインは、人気の高いお酒の1つ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。