香取神社本殿


香取神社本殿の地図情報☜

香取神社本殿について

本殿は「檜皮葺一間社流造」というヒノキ板の屋根がゆるやかな反りをもつことが特徴。室町時代末期の建立と推定される。県指定有形文化財。経津主命と木花咲那姫命を祀る。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒344-0112 
埼玉県春日部市西金野井1053 西金野井香取神社

電話番号

交通アクセス

(1)東武野田線南桜井駅から徒歩で30分

すべての基本情報を見る

香取神社本殿は、東北地域にある神社です。

神社の名称は「香取神社」。

香取県の住所は香取市にあります。

香取神社は、平安時代から祭神として祀られています。

現在、神社内には祭壇、茶堂、墓地などがあります。

香取神社には、平安時代から津軽五十三年までの歴史があります。

その時、香取市には現在の大きな港湾が存在していました。

その港湾から船で香取神社を訪れることができたのです。

香取神社では、平安時代から祭神として祀られています。

また、神社内には祭壇、茶堂、墓地などがあります。

香取神社は、東北地域にある神社です。

神社の名称は「香取神社」。

香取県の住所は香取市にあります。

香取神社は、平安時代から祭神として祀られています。

現在、神社内には祭壇、茶堂、墓地などがあります。

香取神社には、平安時代から津軽五十三年までの歴史があります。

その時、香取市には現在の大きな港湾が存在していました。

その港湾から船で香取神社を訪れることができたのです。

香取神社では、平安時代

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。