渋川八幡宮本殿


渋川八幡宮本殿の地図情報☜

渋川八幡宮本殿について

 本殿は間口3間、奥行2間の三間社流造(さんげんしゃながれづくり)です。妻飾りは単純な豕?首(いのこさす)で、蟇股(かえるまた)はなく間斗束(けんとづか)を用いています。手挟(たばさみ)には彫刻がありますが、簡素な意匠を古式な手法で表現しています。虹梁(こうりょう)は直線的で古い型をしています。全体に装飾が少なく古風な細部手法を使い、和様の様式を基調としています。桃山から江戸時代最初期の建築と考えられます。
 なお、拝殿と幣殿(へいでん)は明治時代後期に造られています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒377-0008 
群馬県渋川市渋川(入沢)甲1

電話番号

交通アクセス

(1)渋川駅からバスで

すべての基本情報を見る

渋川八幡宮本殿は、渋川市の中心地にある宮殿。1568年に建立された宮殿は、渋川市の象徴的な建築物として知られています。本殿は、天井には天皇の真偽を確認する鏡があり、中央には御祓い所としての使用が認められています。

宮殿内には、天井には天皇の真偽を確認する鏡があり、中央には御祓い所としての使用が認められています。また、天井には、天皇の真偽を確認する鏡、天皇の出典の写真などが掛けられています。

渋川八幡宮本殿は、天井には天皇の真偽を確認する鏡があり、中央には御祓い所としての使用が認められています。また、天井には、天皇の真偽を確認する鏡、天皇の出典の写真などが掛けられています。

渋川八幡宮本殿には、天井には天皇の真偽を確認する鏡があり、中央には御祓い所としての使用が認められています。また、天井には、天皇の真偽を確認する鏡、天皇の出典の写真などが掛けられています。

渋川八幡宮本殿は、天井には天皇の真偽を確認する鏡があり、中央には御祓い所としての使用が認められています。また、天井には、天皇の真偽を確認する鏡、天皇の出典

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。