大圓寺


大圓寺の地図情報☜

大圓寺について

千葉県夷隅郡大多喜町新丁に在る浄土宗の寺院

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒298-0214 
千葉県夷隅郡大多喜町新丁174

電話番号

交通アクセス

(1)いすみ鉄道の大多喜駅から徒歩15分

すべての基本情報を見る

大圓寺は、東京都東久留米市の中心に位置し、世界遺産、日本一の文化遺産として知られている。寺院は、平安時代から守護する神社として活躍していた。その後、明治維新に伴い、大工・小工による建築を進め、その後、第二次世界大戦後には戦争により大圓寺を破壊した。しかし、戦後に再建された大圓寺は、日本の文化遺産に認定されることになった。大圓寺には、多くの文化的遺産が設けられている。また、大圓寺内には、東京メトロの丸の内駅もあり、日本の大手スーパーやコンビニなどもある。

大圓寺は、東京都東久留米市の中心に位置し、世界遺産、日本一の文化遺産として知られている。寺院は、平安時代から守護する神社として活躍していた。その後、明治維新に伴い、大工・小工による建築を進め、その後、第二次世界大戦後には戦争により大圓寺を破壊した。しかし、戦後に再建された大圓寺は、日本の文化遺産に認定されることになった。大圓寺には、多くの文化的遺産が設けられている。また、大圓寺内には、東京メトロの丸の内駅もあり、日本の大手スーパーやコンビニなどもある。
大圓寺は、東京都目黒区にある国立博物館の前身で、明治5年(1889)に建立された。大圓寺は、国立博物館の一部となっているが、大阪市内にある大阪大学の博物館とは別個の物語を持つ。そのため、大圓寺に行く人の多くは、大阪市内のどこかで育った人である。大圓寺には、主な祭祀スポットとして、大阪市立大学(大阪府大阪市)、大阪府立博物館(大阪市目黒区博物館)、大坂高校(大阪府大坂市)、大正天皇宮(東京都港区)などが挙げられる。また、大圓寺には、講堂、館内建物、寺院、清水寺などがあり、多くの人が訪れることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。