妙顕寺


妙顕寺の地図情報☜

妙顕寺について

江戸名所図会にも載った名刹。山門,仁王門は重厚。 長誓山安立院と号す。創建は鎌倉時代とされ、日蓮上人の高弟日向上人を招請して開山したと伝えられる。埼玉県指定文化財の「日蓮上人墨跡」や日向上人の筆録「日向記」、市指定文化財の「妙顕寺絵馬群」や「慶長の板碑」がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒335-0021 
埼玉県戸田市新曽2438

電話番号

交通アクセス

(1)JR埼京線戸田公園駅/国際興業バス下笹目行き新曽氷川神社下車/5分

すべての基本情報を見る

香川県仙台市大顕寺(東北地域)は、日本の教会寺院として古くから信仰をもっていたとされる寺院です。大顕寺の建物は、16世紀初頭に建てられたものです。その後、大顕寺は多くの寺院と共に修復され、現在に至ります。大顕寺には、優れた寺院建築の文化遺産として日本の文化遺産に加え、世界遺産にも登録されています。

大顕寺は、東北地域が持つ文化遺産の1つとして知られています。大顕寺の建物は、小型の石造建築で、建物の高さは2.3メートル、寺院の東側には、天井から水が降り注ぐ建物があります。また、寺院内には、階段や廊下を通って、数多くの寺院のような建物があります。

大顕寺は、日本の教会寺院として古くから信仰をもっていたとされる寺院です。大顕寺の建物は、16世紀初頭に建てられたものです。その後、大顕寺は多くの寺院と共に修復され、現在に至ります。大顕寺には、優れた寺院建築の文化遺産として日本の文化遺産に加え、世界遺産にも登録されています。

大顕寺の建物は、小型の石造建築で、建物の高さは2

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。