新田神社(東京都大田区)


新田神社(東京都大田区)の地図情報☜

新田神社(東京都大田区)について

矢口の渡しで謀殺された新田義興(義貞の子)の御霊を鎮めるため1358年に新田大明神を祀った。
浄瑠璃“神霊矢口渡”で知られる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒146-0093 
東京都大田区矢口1-21-23

電話番号

03-3758-1397

交通アクセス

(1)東急多摩川線武蔵新田駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

新田神社は、東京都大田区にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。境内には、徳川時代に建てられた高台池がある。神社内には、徳川時代に建てられた神社の境内にある花壇がある。神社の前には、旧制定街道を歩いている。

新田神社は、東京都大田区の中心部にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。境内には、徳川時代に建てられた高台池がある。神社内には、徳川時代に建てられた神社の境内にある花壇がある。神社の前には、旧制定街道を歩いている。

新田神社は、東京都大田区の中心部にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。境内には、徳川時代に建てられた高台池がある。神社内には、徳川時代に建てられた神社の境内にある花壇がある。神社の前には、旧制定街道を歩いている。

新田神社は、東京都大田区の中心部にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。境内には、徳川時代に建てられた高台池がある。神社内には、徳川時代に建てられた神社の境内にある花壇がある。神社の前には、旧制定街道を歩いている。

新田神社は、東京都大田区の中心部にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。
新田神社は、東京都大田区にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。境内には、徳川時代に建てられた高台池がある。神社内には、徳川時代に建てられた神社の境内にある花壇がある。神社の前には、旧制定街道を歩いている。

新田神社は、東京都大田区の中心部にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。境内には、徳川時代に建てられた高台池がある。神社内には、徳川時代に建てられた神社の境内にある花壇がある。神社の前には、旧制定街道を歩いている。

新田神社は、東京都大田区の中心部にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。境内には、徳川時代に建てられた高台池がある。神社内には、徳川時代に建てられた神社の境内にある花壇がある。神社の前には、旧制定街道を歩いている。

新田神社は、東京都大田区の中心部にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。境内には、徳川時代に建てられた高台池がある。神社内には、徳川時代に建てられた神社の境内にある花壇がある。神社の前には、旧制定街道を歩いている。

新田神社は、東京都大田区の中心部にある。新田神社は、徳川時代に建てられた。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。