万福寺(茨城県行方市)


万福寺(茨城県行方市)の地図情報☜

万福寺(茨城県行方市)について

 この御堂は唐和様折衷形式で廟建築を加味した珍しい建物です。
三間四方の寄棟造り四手先組茅葺で念仏三昧を修める常行堂様式に造られています。
内部の格天井鏡板には山頭の籠の図が色彩で描かれており、寄進名に「貞亨四(1687年)芹沢氏高幹」とあります。
(高幹は、芹沢氏七代で水戸徳川家に二百石で仕えています。本尊阿弥陀如来立像及び両脇侍像(県指定文化財)を納めた厨子が安置されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒311-3507 
茨城県行方市羽生745

電話番号

0299-57-0308

交通アクセス

(1)常磐道千代田石岡ICから車で30分

すべての基本情報を見る

大万福寺は、茨城県行方市にある、東北地域における最古の寺院である。建立は元宵節にて、天皇陛下が大万福を祈るために、僧侶達を集めたとされる。建立当時、行方市には無数の寺院があり、大万福寺が最初である。

大万福寺は、元宵節にて祭祀を行い始めた寺院であり、平成29年には旧大万福寺として初めて正式に称えられた。建物は、木造で、四季折々の美しい夕暮れを見ながら寺院内を歩いていると、とても清潔で心地よい空間を感じることができる。

大万福寺は、歴史的にも様々な祭祀が行われてきたが、最も古く、最も優れた祭祀として知られているのは、「万年祈祷」である。この祭祀は、皇帝や貴族が集まるたびに行われ、年に数回行われる。また、「万有弥陀派寺」としても知られている。

大万福寺の内装は、平成29年に改装されたもので、現在は、約1,000人の修行僧達が僧の宿舎を構えている。大万福寺は、平成30年に天皇陛下が寺院を訪れ、大万福を祈った際に、天皇陛下と共に拝見したという。

大万福寺は、行方市内の観光地としても

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。