高皇産霊社(飯笹地区)


高皇産霊社(飯笹地区)の地図情報☜

高皇産霊社(飯笹地区)について

郷土史家菅澤子之助氏の記録によると、応永元年(1394)創建で、別当は万福寺であったと記されていて、石段、鳥居、本殿を見ても当時の村人の信仰の深さが偲ばれる。社前の鈴には弘化乙巳(1845)飯笹陣屋大谷進太夫と刻まれており、区有文書に、宝暦2年(1752)から元治2年(1865)までの「御奉社日記」がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2231 
千葉県香取郡多古町飯笹554番地1

電話番号

すべての基本情報を見る

読者の皆さまには、高皇産霊社(飯笹地区)です。

高皇産霊社(飯笹地区)は、東北地域にあります。

高皇産霊社(飯笹地区)は、皇室の霊地です。

皇室の霊地であることから、高い信頼を得ています。

高皇産霊社(飯笹地区)は、祖母の霊地でもあり、その力を借りて、皇室の霊地を護ります。

皇室の霊地を護るためには、お子様も体力を高めてほしいと思います。

高皇産霊社(飯笹地区)の力を借りて、皇室の霊地を護ることができます。

皇室の霊地を護るためには、その地域の人々と共に、努力をすべきです。

皇室の霊地を護るためには、皇室の霊地を愛する人々と共に、努力をすべきです。

皇室の霊地を愛し、皇室の霊地を護っていきたいと思います。

皇室の霊地を護るためには、皇室の霊地を愛する人々と共に、努力をすべきです。

皇室の霊地を愛し、皇室の霊地を護っていきたいと思います。

高皇産霊社(飯笹地区)を詳しく紹介していきます。

高皇産霊社(飯笹地区)は、東北地域にあります。

高皇産霊社(飯笹地区)は、皇室の霊地です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。