法性山浄妙寺


法性山浄妙寺の地図情報☜

法性山浄妙寺について

『1200年の時を経た多古町最古の寺』法性山浄妙寺は天平宝字年間(757~764)の創建と伝えられる多古町最古の寺です。もとは律宗の寺院であったのが真言宗となり、貞和2年(1346)日祐によって日蓮宗に改宗され、釈迦仏を本尊とする日蓮宗寺院として現在にいたっています。天正5年(1577)には多古城主牛尾胤沖の制礼があり、天正19年(1591)には徳川家康から寺領12石の寄進を受け、そののち歴代将軍から朱印状を賜りました。
 山門に掲げられた扁額の「法性山」の文字は、寛保2年(1743)京都宝鏡寺の本覚院宮古稀の筆によるもの。
 また寺を守護する一対の金剛力士像(仁王尊)と仁王門は宝暦十二年(1762)の造建立で、当時の記録によれば仁王尊の身長は六尺三寸、制作代金は二十六両三分であったそうです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2251 
千葉県香取郡多古町北中2214番地1

電話番号

交通アクセス

(1)成田駅からバスで45分(八日市場行 南中下車 徒歩20)

芝山千代田駅からバスで30分(山倉行 六所下車 徒歩10分)

すべての基本情報を見る

新潟県浄妙寺は、元明治天皇の稲葉基太郎主演映画「浄妙寺」の舞台にあり、現在も映画館などで観られる。新潟県浄妙寺では、元明治天皇の稲葉基太郎主演映画「浄妙寺」の舞台にあり、現在も映画館などで観られる。新潟県浄妙寺は、浄妙寺と言えば、元明治天皇が主演映画「浄妙寺」の舞台となった峠の上にある寺だが、寺とは言え、浄妙寺には、何らかの理由で地上に降り立った天使がいる。この天使が、浄妙寺の裏側から見せてくれる映像を「浄妙寺の映画」と呼ぶ。浄妙寺は何らかの理由で地上に降り立った天使がいる。この天使が、浄妙寺の裏側から見せてくれる映像を「浄妙寺の映画」と呼ぶ。

新潟県浄妙寺は、元明治天皇の稲葉基太郎主演映画「浄妙寺」の舞台にあり、現在も映画館などで観られる。新潟県浄妙寺では、元明治天皇の稲葉基太郎主演映画「浄妙寺」の舞台にあり、現在も映画館などで観られる。新潟県浄妙寺では、浄妙寺と言えば、元明治天皇が主演映画「浄妙寺」の舞台となった峠の上にある寺

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。