白幡神社


白幡神社の地図情報☜

白幡神社について

下郷集落の鎮守である。由緒について「社寺台帳」には、大同3年(808)勧請と記されている。牛尾、船越両村の社でここだけが古く、またこの社から北へ1km程の所にある千田村の諏訪神社が、境の宮とも呼ばれ国郡町の境に祀られているが、この社も全く同じで、境内西側にかすかに残る旧道が上総下総の国境になっている。そして多古町師弟無形民俗文化財の「蛇祭り」は、この社でも行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2245 
千葉県香取郡多古町牛尾238

電話番号

すべての基本情報を見る

白幡神社は、東北地域に位置する。天神、地獄、鬼神三体の神様が祀られている。

この白幡神社は、古くから神社の名となっている。明治以降は、白幡三姉妹の伝説や、白幡神社を通じて北海道の神々の力を祈り、そして富士山を見下ろすために立ち上がったという伝説がある。

また、白幡神社には、夜間に祈る「白幡祭」もある。この祭は、北海道では初めて行われたという。白幡祭では、白幡神社内の聖堂に白い幡が立ち並ぶ。幡は、夜間に光を感じることで、祈りを捧げるために使われる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。