常世田薬師(常灯寺)


常世田薬師(常灯寺)の地図情報☜

常世田薬師(常灯寺)について

常灯寺は、寺伝によると奈良時代の高僧行基[ぎょうき]の創建とされる真言宗智山派[ちざんは]の寺、通称・常世田薬師として知られています。江戸時代から明治時代にかけては、東総の三薬師(常灯寺・旭市中谷里の尾世川薬師寺・匝瑳市野手の泉養院[廃寺])として隆盛を極めましたが、大正時代に無住寺となり、荒廃していた寺を地元の人々が守ってきました。国の重要文化財である木造薬師如来坐像が毎年1月8日にご開帳(7時~12時)となります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒288-0824 
千葉県銚子市常世田町53-1

電話番号

交通アクセス

(1)JR銚子駅からバスで20分

すべての基本情報を見る

常世田薬師は、東北地域にある医師の組織です。常灯寺は、その組織の本拠地です。常世田薬師とは、常灯寺の団体名です。常世田薬師は、医師としての貢献を積極的に行っています。常世田薬師は、医師会、病院、県民会などの多くの団体を通じて、患者さんに助けられるようにしています。常世田薬師は、東北地域における医師の組織として、高い評価を得ています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。