正受院(赤ちゃん寺)


正受院(赤ちゃん寺)の地図情報☜

正受院(赤ちゃん寺)について

学仙坊という僧侶が霊夢によって開山したと伝えられています。本堂には江戸時代の探検家として知られる近藤守重(通称・重蔵)の像があります。また、赤ん坊の供養をしていることから「赤ちゃん寺」とも呼ばれ、地域の人に親しまれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~17:00

休業:無休

所在地 〒114-0023 
東京都北区滝野川2-49-5

電話番号

03-3910-1778

交通アクセス

(1)JR王子駅(北口・中央口)から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

赤ちゃん寺は、東北地域にある寺院で、2013年に新修建された寺院です。寺院の内装は、赤ちゃんの寄付金で建てられたもので、赤ちゃんの寄付金によって寺院ができたことを記念して、赤ちゃん寺の寄付金の記念院品として、赤ちゃんの寄付金で作られた花や植物を展示しています。また、寺院内には、赤ちゃん寺のオーナーである小柳さんのブースもあり、赤ちゃん寺では赤ちゃんのための講座や漫画などを行っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。