板橋不動尊(清安山願成寺不動院)


板橋不動尊(清安山願成寺不動院)の地図情報☜

板橋不動尊(清安山願成寺不動院)について

大同3年(808年)弘法大師が創建したと伝えられています。現在の建物は江戸時代中期の代表的なもので本堂,楼門,三重塔すべて県指定文化財に指定され、更に御本尊の不動明王・二童子立像は弘法大師が自ら彫刻したと伝えられており,国指定重要文化財となっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒300-2307 
茨城県つくばみらい市板橋2370-1

電話番号

0297-58-1014

交通アクセス

(1)常磐自動車道谷田部ICから車で10分

すべての基本情報を見る

板橋不動尊(清安山願成寺不動院)は、南北朝鮮戦争中の日本軍によって、1945年8月8日に降伏した板橋不動尊寺(清安山寺)の一部である。願成寺は、天台宗の東海道本州最南端に位置する。願成寺の内部は、国宝の展示物である不動尊像が多数含まれており、板橋不動尊寺の東海道本州最南端に位置するため、国宝の展示物として知られている。

願成寺は、日本の寺院としては、清安山霊園や清安山寺などと比べて、常勝寺として発展した。そのため、清安山霊園や清安山寺に比べて、願成寺では、不動尊像が多数あり、常勝寺と比べて、不動尊像の種類が多い。

願成寺は、常勝寺と比べて、清安山霊園や清安山寺と比べて、不動尊像の種類が多いが、願成寺では、常勝寺と比べて、不動尊像の種類が少ない。例えば、願成寺では、常勝寺と比べて、不動尊像の種類が多いが、清安山霊園では、常勝寺と比べて不動尊像の種類が少ない。

願成寺では、不動尊像の種

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。