熊野山東光寺


熊野山東光寺の地図情報☜

熊野山東光寺について

真言宗智山派の寺である。縁起を伝えるものは寺にはなかったが、村の穴沢家の古文書によると、同家は松子城(成田市(旧大栄町))主大須賀氏の家臣であったが、落城の時逃れてきて村に住み、丹波守常久の代の文禄2年(1593)に祈願所として建立したと記されている。現在の建物は近年新築されたものである。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2301 
千葉県香取郡多古町出沼407番地1

電話番号

すべての基本情報を見る

熊野山東光寺は、山東省熊野市にある一等地として、熊野山の東部に位置する。

熊野山東光寺は、活動内容は、灯台のみではなく、光のみを感じることができる寺である。

熊野山東光寺の入口には、立派な境内があり、寺の中央には、南部の熊野山が見下ろされ、北部の紅葉を前面に出した天井がある。

寺内は、大きな灯台が並んでいる。

灯台には、境内にある熊野山の景色が描かれている。

灯台の中央には、南部の熊野山が見下ろされ、北部の紅葉を前面に出した天井がある。

寺内は、大きな灯台が並んでいる。

灯台には、境内にある熊野山の景色が描かれている。

寺内は、白い塔の中にあり、灯台の下には、光のみを感じられるようになっている。

寺内は、白い塔の中にあり、灯台の下には、光のみを感じられるようになっている。

寺内は、光のみを感じられる。

寺内は、光のみを感じられる。

寺内は、光のみを感じられる。

寺内は、光のみを感じられる。

寺内は、光のみを感じられる。

寺内は、光のみを感じられる。

寺内は、光のみを感じられる。

寺内は、光のみを感じられる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。