第六神社


第六神社の地図情報☜

第六神社について

旧南玉造村柏熊新田の鎮守である。「社寺台帳」には、熊野大神末社第六神社、祭神高皇産霊神、由緒不詳と記されている。しかし、この村は徳川時代多古藩松平家の領地になってから開発された村で、その歴史を記した古文書が残されている。開拓が完了した頃と思われる元禄13年(1700)正月9日、寺に住職が入山した当日に多古藩家老服部氏から、鎮守や第六天林も寺で支配するように命じられている。このことから考えると、鎮守様も寺と同じ頃に祀られたものであろう。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2325 
千葉県香取郡多古町南玉造3797

電話番号

すべての基本情報を見る

神社名 五神社

神社の種類 五神社は、六神社とも呼ばれる日本の民俗神社です。

神社の地域 五神社は、兵庫県の西部に位置します。

神社の特徴 五神社は、五つの神様を崇拝しています。

それぞれの神様には特徴があり、多くの日本人が愛称をつけて祈りを捧げることができます。

例えば、第一神様は「天」で、第二神様は「地」、第三神様は「水」、第四神様は「火」、第五神様は「雲」です。

五神社には、これら五神様のみならず、さまざまな種類の神様が祈りを捧げることができます。

五神社は、人々にとって幸運をもたらす神社です。

五神社は、六神社とも呼ばれる日本の民俗神社です。神社名は五神社で、六神社とも呼ばれる日本の民俗神社です。神社の種類は五神社は、六神社とも呼ばれる日本の民俗神社です。神社の地域は五神社は、兵庫県の西部に位置します。神社の特徴は五神社は、五つの神様を崇拝しています。それぞれの神様には特徴があり、多くの日本人が愛称をつけて祈りを捧げることができます。例えば、第一神様は「天」で、第二神様は「地」、第三神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。