土橋山東禅寺


土橋山東禅寺の地図情報☜

土橋山東禅寺について

真言宗室生寺派の寺である。由緒書はないが、かつてあった梵鐘に天平年中(729~747)鑑真創建と刻字されていたという。また、金沢文庫(横浜市)文書により本如房湛睿律師(1271~1346)が当寺の長老であったことが立証され、更に「鎌倉大草紙」等多くの史書に、この寺で康正元年(1455)千葉氏16代胤直一族が自刃したと記されていることから、左手奥の墓地に建つ7基の千葉氏供養塔へは、多くの地方史研究家が訪れている。このあたり一帯が土橋城域であったと今も語り継がれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2316 
千葉県香取郡多古町寺作117

電話番号

すべての基本情報を見る

東京都山手市の西橋山東禅寺は、山手の地域における最古の禅寺で、紀元前後1200年代から1300年代にかけて建立された。堂内の寺院内には、大きな塔が点在しており、塔の上には雲が浮かんでいる。堂内の寺院内には、禅の言葉や印象を伝えるために設けられた壁画や鳥居などがあり、山手の地域における最古のお寺としても知られている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。