八幡大神


八幡大神の地図情報☜

八幡大神について

旧島村の鎮守である。由緒を記した文書は残されていない。村全戸が日蓮宗不受布施派で、お祖師様以外の神仏に頼らない時代が長かったため、社の記録が失われたのであろう。近年、村の歴史の深さを物語るように、社の南側から弥生中期の再葬墓が多数発見され、学会の話題になり、発掘場所に公園を造る事業が進められている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2243 
千葉県香取郡多古町島2863

電話番号

すべての基本情報を見る

「神々の国」と呼ばれる国宝、その象徴としては、8幡大神。この神は、北海道、東北地域、九州地域に分布しています。この神は、北海道、東北地域において、九州地域においては、宮崎県にある神社で最も古く、九州地域においては、沖縄県にある神社で最も古く、そして沖縄県においては、海外にある神社に移住しています。

神々の国の象徴として、8幡大神がありますが、この神は、北海道、東北地域、九州地域に分布しています。そのため、神々の国の象徴として、この神を紹介することができます。

北海道、東北地域、九州地域において、8幡大神は、古代から信仰されています。そのため、古代から信仰されている神々の国の象徴として、8幡大神があります。

8幡大神は、九州地域において、宮崎県にある神社で最も古く、九州地域においては、沖縄県にある神社で最も古く、そして沖縄県においては、海外にある神社に移住しています。

8幡大神は、古代から信仰されている神々の国の象徴として、信仰者にとって、神々の国を感じることができる神です。

8幡大神は、信仰者にとって、神々の国を感じることができる神です。そのため、信仰者に

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。