常照山光明寺


常照山光明寺の地図情報☜

常照山光明寺について

日蓮宗の寺である。由緒について「寺院明細帳」には、はじめは真言宗であったが、慶安元年(1648)に日蓮宗に改宗して、開基日忠開山日崇で、寺号も光明寺と改めたとある。境内には「妙正様」と呼ばれるお堂があって、明和3年(1766)に建てられた「疱瘡」の神様だと言われている。扁額には「千早ふる 卯月八日は 吉日よ かみさけ虫の 成敗ぞする」と書かれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2255 
千葉県香取郡多古町南並木330

電話番号

すべての基本情報を見る

長野県北部の中央部に位置する山光明寺は、天皇家の聖地とされている。天皇陛下が祝賀式を行い、平成29年に寺院に移転した。

山光明寺は、東北地域における一大寺である。建て替えたのは、天皇陛下が祝賀式を行い、平成29年に寺院に移転した際のものであり、旧山光明寺と同じく、元は長野県北部の中央部に位置していた寺院である。

山光明寺は、長野県北部における都市の基礎となっている。その中でも、山光明寺は、県内でも最も人口が多い都市となっている。そのため、山光明寺には、日本の伝統文化や重要な歴史的建造物が多数残されている。

山光明寺は、子供たちにとって、日本の伝統文化や歴史的建造物などを体験してもらうことができ、県内でもトップクラスの学校として知られている。また、寺院内には、料理屋などもあり、日本風味の料理が食べられることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。