借当山妙蓮寺


借当山妙蓮寺の地図情報☜

借当山妙蓮寺について

日蓮宗の寺である。由緒について「寺院明細帳」や寺伝を総合すると、はじめは北中村の淀にあって真言宗の大日堂であった。明応2年(1493)妙興寺四世日法人の教化によって日蓮宗に改宗、寺号も妙蓮寺と改めた。そして享禄元年(1528)にこの地に移ったと記されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2253 
千葉県香取郡多古町南借当471

電話番号

0479-76-5012

すべての基本情報を見る

借当山妙蓮寺は、日本では現在、最も古くから修行者が集まる寺です。山の頂上にある寺院は、明治4年(1876)に建立されました。その後、建立当初の予想を上回る修行者が集まり、また、仏教徒や仏教宗教の諸宗派の修行者が結集し、その後、その修行者たちが寺院を継承し、新たに築き上げていきました。また、寺院内には、修行者たちが作った墓地があり、その中には、東京都内でも特別な観光地として知られる「東京湾岸菩薩像」があります。

この地域には、寺院を中心に修行者が集まった地域の中でも、高山地帯にある寺院としては、その古き良き様式を守っている地域と評されています。また、修行者たちが築いた寺院の中でも、特に建築の過程において、独自の視点や建築の基本的な原理を踏襲している寺院が多いと評されています。

また、借当山妙蓮寺は、仏教徒のみならず、仏教宗教の諸宗派の修行者が集まった寺院です。そのため、借当山妙蓮寺は、仏教の修行に関する説明や観光情報など、多様な情報を提供しています。また、借当山妙蓮

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。