法王山顕実寺


法王山顕実寺の地図情報☜

法王山顕実寺について

日蓮宗の寺である。寺の古文書には、大同3年(808)不思議法印が開山した真言宗であった。文永の頃、(1264~1274)に、日蓮宗に改宗して檀林を開くが、禁制の不受布施派になって幕府の弾圧を受けた。そして再度受派に転じて水戸徳川家の被護を受けることとなった。それ故、寺宝として徳川光圀公の直筆の書状が所蔵されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2321 
千葉県香取郡多古町東松崎1933

電話番号

すべての基本情報を見る

法王山顕実寺は東北地域の聖地で、天皇陵、法王山、顕実寺などがある。

顕実寺は池の上に建っているが、建物の前には巨大な岩壁がある。

建物の内部には、天皇陵、法王山、顕実寺などがある。

顕実寺は、天皇陵、法王山、顕実寺などがある。

顕実寺は、天皇陵、法王山、顕実寺などがある。

顕実寺は、天皇陵、法王山、顕実寺などがある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。