妙法山正岳寺


妙法山正岳寺の地図情報☜

妙法山正岳寺について

日蓮宗の寺である。由緒によると、寛永が年(1624)大堀村(現匝瑳市)に創立され、元禄13年(1700)にこの地に移され、初代住職は日遣であったと記されている。多古藩家老服部与五左衛門が責任者で開発された所で、寺の運営についても一町歩余の水田が寺の所有地になっていた。これらのことに応えて、享保6年(1721)に服部氏の供養塔が境内に建てられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2325 
千葉県香取郡多古町南玉造3756

電話番号

すべての基本情報を見る

まずは、まったく新しい寺です。山正岳寺は、1991年に建立されました。

この寺は、仏教に関連するものではありません。しかし、山正岳にある仏教寺としては、全国でも最も重要な寺院です。

寺院内には、多くの仏像が置かれています。山正岳寺では、山の中にある正法山に登場する仏像が多く、このためこの寺では評判がよいです。

また、寺院内には、薔薇花柱(バラ花柱)などの花が咲いています。薔薇花柱は、正法山の近くにある寺院ではありませんが、山正岳寺では、この花柱が見られることができるのが特徴です。

また、寺院内には、長廊があり、この長廊には、仏教の聖典などが展示されています。

山正岳寺には、正法山と正法院があります。正法山は、仏教の中で最高の真実聖地であることを誇り、正法院は、正法山の上にある寺院の中で、その寺院の最高位にある寺院です。

また、山正岳寺には、マンダラ山という標高約2,000メートル、薔薇花柱があり、この薔薇花柱が見られるのが特徴です。

山正岳寺には、正法山と正法院があります。正法山は、仏教の中で最高

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。