法性山大立寺


法性山大立寺の地図情報☜

法性山大立寺について

日蓮宗の寺である。由緒について、「社寺台帳」には、天文23年(1554)創立とあり、寺伝には、多古城主牛尾胤仲公三男が宝永4年(1707)、真言宗から日蓮宗に改宗し、名も日意と改めて開山と書かれている。そして本堂裏の池畔に、村の俳人で百川と号した山辺八郎左衛門が、天保6年(1835)に建てた芭蕉の句碑がある。「ほろほろと 山吹ちる耶 瀧の音」 むせ越 「ちるものと 思へば花に なみだか那」 百川

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2244 
千葉県香取郡多古町船越2022

電話番号

すべての基本情報を見る

上記の「法性山大立寺」は、東北地域にある寺です。建物は、法性山の上にある立寺で、立寺の境内には、山と高原が見えます。寺内には、多くのお寺があり、夏には観光客が多いです。また、寺内には、茶屋、和室、書斎などがあり、寺院の中でも、自然と身近な感じがあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。