妙印山妙暹寺


妙印山妙暹寺の地図情報☜

妙印山妙暹寺について

日蓮宗の寺である。由緒について、「寺社台帳」には不詳と記されている。しかし、昔この寺の近所にあって、現在居射にある妙光寺日朝上人開山の日朝上人が隠居寺として建てた寺で、そのため両寺ともに開山日朝上人で、山号も同じく妙印山となっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2242 
千葉県香取郡多古町染井358

電話番号

すべての基本情報を見る

妙印山妙暹寺は、高知県高知市山崎町山崎西2番地にある寺院で、1986年、高知県立体文化センターによって発足された。

高知県立体文化センターにおける妙印山妙暹寺の設立は、高知県を代表する体育家・高知市立体育会理事が、現代体育との結びついた文化遺産として、その地域の人々にとって、とても重要な寺院の創設を目指したものである。

妙印山妙暹寺は、「妙印」とは、神のみならず、人間のものでもあるという意味を持つ日本の地名である。「妙暹」は、南北朝鮮の地名である。

寺院内には、「大清の大殿」「小清の小殿」「中清の中殿」など、3つの大殿があり、それぞれの畳には、金属製の大殿壁画が描かれている。

また、寺院内には、「妙印の大石」「妙印の大窟」「妙印の小窟」3つの大石像があり、それぞれの畳には、金属製の大石像壁画が描かれている。

「妙印山妙暹寺」には、「妙印」と「妙暹」の2つの地名があり、
「妙印山」は、上部にある「大清の大殿」にある、「妙印」である。

「妙印山妙暹寺」には、「妙印」と「

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。