成等山正覚寺


成等山正覚寺の地図情報☜

成等山正覚寺について

『禁教の歴史をくぐってきた不受不施派』成等山正覚寺は日蓮宗不受不施派の寺。不受不施派はキリシタンとともに江戸幕府から弾圧されるという受難の歴史を持つ宗派で、寛文5年(1665)から明治9年までのあいだ、表向き寺を持つことができませんでした。このため禁教がとけ公に認められるようになると、本覚山妙光寺(約700年前に日朝により開山された)を買い受け、新たに正覚寺として発足しました。不受不施とは、僧にあっては法華経を信じない者からの布施・供養を受けず、法も施さない。また信者にあっては法華経を信じない僧には布施・供養を施さず、その教えも受けないというもの。正覚寺のある島地区の住民は、幕府の弾圧を受けながらも大半が不受布施の信仰を続けました。家の天井裏などにかくれ部屋をつくり、取りしまりの目を逃れながらここにかくれ集まって教義を語り信仰を確かめあったといいます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2243 
千葉県香取郡多古町島2320

電話番号

交通アクセス

(1)成田駅からバスで45分(多古行 多古下車 徒歩15分)

芝山千代田駅からバスで20分(多古行・山倉行 多古新町下車 徒歩30分)

すべての基本情報を見る

青森県等山正覚寺(東北地域)は、青森県等山寺(等山寺)と同居している正覚寺です。青森県等山寺は、白川寺(旧白川寺)と同居しています。

正覚寺には、「正覚寺」と「等山寺」の2つの略称があります。青森県等山寺は、正覚寺です。

正覚寺は、日本の主要な正覚寺で、東北地域においても最も古く、15世紀頃から16世紀頃にかけて建てられました。

正覚寺は、仏教の中心的な寺で、青森県内でも最も古い正覚寺です。

正覚寺は、観音像、正覚寺院、大正天皇大正院、等山寺院など、多くの寺院を有しています。

正覚寺は、青森県でも唯一の寺院で、大正天皇の誕生日において、正覚寺で行われました。

正覚寺の建物は、青森県等山寺、白川寺と同居しています。

青森県等山寺は、正覚寺を訪れるための「正覚寺道」を設けています。

正覚寺道は、青森県等山寺にある正覚寺を訪れるための路線です。

青森県等山寺は、正覚寺道を通って、等山寺に入ります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。