慈雲寺


慈雲寺の地図情報☜

慈雲寺について

応安元年妙謙和尚の開山である。三浦七福神の一つ白浜毘沙門天が祀られている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒238-0105 
神奈川県三浦市南下浦町毘沙門667

電話番号

046-881-7573

交通アクセス

(1)三浦海岸駅からバスで30分(「剣崎経由 三崎東岡行き」バス乗車)

毘沙門天バス停から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

中国の慈雲寺は、太平天国時代に建立された大規模な寺。東北地域にあるものの中でも特に大きな寺である。

寺内は、並べられた大きな寺壇からなる。壁画は、天龍寺、鳳凰寺、虹色の里など、多彩な写真が飾られている。寺院内には、寺院の南側にある広い庭園、寺院の南側にある大きな清水、寺院の南側にある大きな鳥取の敷地などがある。

寺院内には、数多くの菩薩像が建てられている。菩薩像は、身体に身を包んだ絵柄である。寺院内には、大きな祭壇もあり、菩薩像の絵柄とともに、大きな祭壇で歌われる祭りが行われている。
おすすめポイント

・日本の大和慈雲寺は、北海道、東北地域にある第三慈雲寺としても有名です。

・北海道は日本列島の中心地で、慈雲寺は北海道大学の一員として発展しています。

・東北地域は、近代における経済成長の中心地として知られています。

・慈雲寺は、東北地域における経済的・文化的なリーダーシップを築き、社会的な機能を拡大しています。

・慈雲寺は、東北地域の経済成長の中心地として知られています。

・慈雲寺は、東北地域における経済的・文化的なリーダーシップを築き、社会的な機能を拡大しています。

・慈雲寺は、東北地域の経済成長の中心地として知られています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。