宝生寺阿弥陀三尊立像


宝生寺阿弥陀三尊立像の地図情報☜

宝生寺阿弥陀三尊立像について

阿弥陀如来を中心に勢至・観音両菩薩を脇侍とする三尊仏は、善光寺式の金銅仏で、鎌倉時代の作と見られています。
ご開帳は4月29日。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒253-0083 
神奈川県茅ヶ崎市西久保546

電話番号

0467-86-6766

交通アクセス

(1)茅ヶ崎駅からバスで10分(茅ヶ崎駅北口から、茅25系統「寒川駅南口行」、茅26系統「文教大学行」)

「西久保」バス停から徒歩で10分

(2)市民文化会館前からバスで10分(茅ヶ崎市コミュニティバス「鶴嶺循環市立病院線 鶴嶺北コース」利用)

西久保保育園つるみね老人ホームから徒歩で4分

すべての基本情報を見る

生寺阿弥陀三尊立像は、東北地域にある「大和宮」の約1,000年前に建立されたもので、坂本龍馬の偉大なる神道家である阿弥陀三尊の姿を模した立像です。阿弥陀三尊の位置は、左手に鹿島神社があり、右手に北海道大学があります。大和宮の本殿には、生寺阿弥陀三尊立像の写真もあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。