眼蔵寺


眼蔵寺の地図情報☜

眼蔵寺について

寺の梵鐘は、弘長4年(1264年)制作された千葉県最古の古鐘です。鋳工 広階重永の作品で、現長柄町針ヶ谷に居住し活躍しました。高さ91cm、直径62.1cm、池の間(30.6cm×37.5cm)の無乳の梵鐘で、その各中央に蓮花座上に月輪を現わし、胎蔵界四仏の種子が彫刻されています。昭和51年(1976年)6月5日に国の重要文化財に指定されました。なお、眼蔵寺内より別に1つ無乳の梵鐘が出ていますが、現在は東京国立博物館に所蔵されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒297-0234 
千葉県長生郡長柄町長柄山414番地

電話番号

交通アクセス

(1)茂原駅からバスで30分(ロングウッドステーション行き
長柄中下行き)

追分バス停から徒歩で5分

(2)圏央道 茂原長南ICから車で20分

(3)京葉道路 蘇我ICから車で30分

すべての基本情報を見る

眼蔵寺(がんぞうじ)は、日本に存在する仏教寺院の一つです。複数の寺院が同名であるため、具体的な場所や宗派によって異なる場合があります。以下に、いくつかの眼蔵寺の代表的な例を挙げて説明します。

1. **京都府京都市の眼蔵寺**: 京都府京都市に位置する寺院で、浄土宗の寺院です。正式名称は「眼蔵寺 浄土宗 京都市」です。

2. **大阪府貝塚市の眼蔵寺**: 大阪府貝塚市にある寺院で、曹洞宗の寺院です。正式名称は「眼蔵寺 曹洞宗 貝塚市」です。

3. **鳥取県八頭町の眼蔵寺**: 鳥取県八頭町に位置する寺院で、真言宗の寺院です。正式名称は「眼蔵寺 真言宗 八頭町」です。

これらは代表的な眼蔵寺の例であり、それぞれの寺院には独自の歴史や特色があります。場所や宗派によって異なるため、具体的な情報が必要な場合は、各寺院の公式ウェブサイトや案内を参照することがおすすめです。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。