太平寺(栃木県那須烏山市)


太平寺(栃木県那須烏山市)の地図情報☜

太平寺(栃木県那須烏山市)について

下野の国十一番札所。延暦23年(803年)に征夷大将軍、坂上田村麻呂が大願成就を祈願勧請のために創立した。
市文化財指定の本尊千手観音像、県文化財指定の天蓋など多数の文化財が納められている。また、小説「蛇姫様」のモデルとなったお志賀姫に墓がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒321-0633 
栃木県那須烏山市滝395

電話番号

交通アクセス

(1)滝駅から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

日本の太平寺は、江戸時代に活躍した大規模な寺庙である。江戸時代には、太平天皇の地として栃木県那須烏山市の近くに建設された。太平寺は、日本における最大級の寺庙となり、太平天皇の記念碑や書物なども残されている。また、太平寺は、平安時代には、天皇の聖堂として使用され、江戸時代には、盛岡市の聖堂として使用された。今も、平安時代の聖堂として使用されている。太平天皇の地として栃木県那須烏山市にある太平寺は、平安時代には、天皇の聖堂として使用され、江戸時代には、盛岡市の聖堂として使用された。今も、平安時代の聖堂として使用されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。