豊鹿嶋神社


豊鹿嶋神社の地図情報☜

豊鹿嶋神社について

豊鹿嶋神社は市内最古の神社で、慶雲4(707)年の創建と言われています。
江戸時代には御朱印13石を頂戴していました。文正元(1466)年建立の本殿(附棟札)は、都内最古の神社建築であり、都の有形文化財(建造物)となっています。一間社流造、こけら葺、軸部丸柱という、関東地方でも現存が珍しい、中世の神社建築様式です。
木製の狛犬と、江戸時代後期の作と思われる獅子頭は市重宝に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒207-0033 
東京都東大和市芋窪1-2067

電話番号

交通アクセス

(1)西武線東大和市駅からバスで15分

多摩都市モノレール上北台駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

鹿嶋神社は、福島県豊鹿市にある神社で、平安時代から神殿として使用されている。境内には明治維新以降、多くの地方自治体が移転したため、多くの地域において、八代神社として知られている。境内には約500mの地下水が保持されており、神社には大きな河の沿いに建つ洞窟があり、そこには多くの地方自治体が移転した際に、その地域に寄付している建物や寺院などがある。

鹿嶋神社は、東北地方を中心に移転した自治体の寺院で、多くの地域において知られている。八代神社として知られているが、東北地方を中心に移転した自治体の寺院であり、各地域において異なる特徴を持つ。東北地方を中心に移転した自治体の寺院であるため、鹿嶋神社には多くの地方自治体の寺院が移転した際に、その地域に寄付している建物や寺院などがある。

鹿嶋神社には、多くの地域において知られている。八代神社として知られているが、東北地方を中心に移転した自治体の寺院であり、各地域において異なる特徴を持つ。東北地方を中心に

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。