喰初寺


喰初寺の地図情報☜

喰初寺について

黒羽藩主大関氏の娘が病気の時に祈願した寺。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒325-0301 
栃木県那須郡那須町湯本227

電話番号

0287-76-2218

交通アクセス

(1)黒磯駅から30分

那須ICから20分

すべての基本情報を見る

まずは、喰初寺とはどのような場所なのでしょうか。喰初寺は、鎌倉市内にある、大塔の前の閣僚室です。喰初寺の名称は、「喰初寺」という意味です。そのため、喰初寺を訪れた際は、大塔の前の閣僚室を出てくる入口があります。

喰初寺は、1185年に開催された大塔の展示会で、模型の展示が始まりました。その後、喰初寺は、徳川時代には文武の使者として使用され、明治時代には鎌倉市のための寺院として使われていました。今でも、喰初寺は、鎌倉市内では、日本の芸術文化の一つの中心です。

喰初寺には、世界各地の日本の文化遺産があり、すべての寺院の中でも、一番多くの寺院の一つです。このため、喰初寺を訪れると、日本の文化に興味を持った人々にとって、とても楽しいと思います。

喰初寺には、世界各地の日本の文化遺産があり、すべての寺院の中でも、一番多くの寺院の一つです。このため、喰初寺を訪れると、日本の文化に興味を持った人々にとって、とても楽しいと思います。

喰初寺の地図はこちら.

喰初寺の地図

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。