八幡大神社「すだじぃ」


八幡大神社「すだじぃ」の地図情報☜

八幡大神社「すだじぃ」について

八幡大神社社殿の左側に御神木がある。目通り幹周り3.62m 、樹高17m で三鷹市内の社寺にあるシイでは最大のものであり、市の文化財(天然記念物)に指定されている。このシイ(ぶな科)はスダジイという名をもつ。暖地の山野に自生する常緑高木である。したがって人手の加えられなかった昔は、スダジイやシラカシを主体とした照葉樹林に覆われていたものと思われるが、この木は独立樹のため栽植されたものかもしれない。樹勢も盛んな大木で禅林寺の「いちょう」とともに、三鷹市には数少ない天然記念物として大変貴重である。さらに、この境内にはシラカシ、ケヤキの大木、サクラの老木の並木、社殿裏手にはクヌギ林などが保護されており、三鷹市の昔の面影を考える上でも貴重な森である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒181-0000 
東京都三鷹市下連雀4-18-23 下連雀八幡大神社

電話番号

交通アクセス

(1)JR三鷹駅からバスで5分

八幡前から徒歩で3分([鷹51 国際基督教大学・調布駅北口・武蔵小金井駅行き、鷹52 朝日町・朝日町3丁目・車返団地行き、鷹54 仙川・晃華学園東行き、鷹65 深大寺行き])

すべての基本情報を見る

すだじぃは、八幡大神社「すだじぃ」(東北地域)の神社です。八幡大神社は、霊山寺と似ていますが、そのままに、すだじぃがおしゃれに建てられています。八幡大神社は、東北地方にある最も古くから活躍している神社です。八幡大神社には、御神社「およびんぼうじ」があります。

すだじぃは、古くから封印されていた神社です。その後、御神社「およびんぼうじ」が開かれ、神話に基づく伝承が生まれました。その後、すだじぃは、多くの人々の心を魅了してきました。そのため、すだじぃは、八幡大神社「すだじぃ」(東北地域)の神社として、多くの人々に愛されています。

すだじぃの八幡大神社「すだじぃ」(東北地域)は、古くから封印されていた神社です。その後、御神社「およびんぼうじ」が開かれ、神話に基づく伝承が生まれました。その後、すだじぃは、多くの人々の心を魅了してきました。そのため、すだじぃは、八幡大神社「すだじぃ」(東北地域)の神社として、多くの人々に愛されています。

すだじぃは、古くから封印されていた神社です。その後、御神社「およびんぼうじ」が開かれ、神話に基づく伝承が生ま

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。