清水寺(清水観音)


清水寺(清水観音)の地図情報☜

清水寺(清水観音)について

音羽山清水寺は坂東三十二番の霊場です。伝教大師(最澄)により草分けされ、慈覚大師(円仁)により新たに起こされ、坂上田村麻呂が、大同2年(807年)に建立したと言われています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:8時~17時 ※大晦日は朝まで開放(除夜の鐘は、11:30頃~)

所在地 〒299-4624 
千葉県いすみ市岬町鴨根1270

電話番号

交通アクセス

(1)外房線長者町駅下車、徒歩50分、又は タクシーで7分(1台のみ、バスはありません)。又は、外房線大原駅又は上総一ノ宮駅下車、(共に快速、特急の停車駅)タクシーで15分。

すべての基本情報を見る

清水寺は、八百万石の観音寺で、建てられたのは1692年。観音様は、平安時代に南海道に流出した泉水を利用したとされる。観音様の名前は、清水観音。

清水観音は、清水寺の看台から見下ろしている。観音様は、南海道の大和島に祀られている。観音様は、天皇陛下に捧げる祈りである。

清水観音は、天皇陛下にとって、観音様の偉大さを伝えてくれるそうです。観音様は、南海道の大和島に祀られている。観音様は、天皇陛下にとって、観音様の偉大さを伝えてくれるそうです。

清水寺では、清水観音のお祭りが行われています。清水観音は、南海道の大和島に祀られている。観音様は、天皇陛下にとって、観音様の偉大さを伝えてくれるそうです。

清水寺では、清水観音のお祭りが行われています。清水観音は、南海道の大和島に祀られている。観音様は、天皇陛下にとって、観音様の偉大さを伝えてくれるそうです。

清水寺は、八百万石の観音寺で、建てられたのは1692年。観音様は、平安時代に南海道に流出した泉水を

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。