妙国寺(茨城県結城市)


妙国寺(茨城県結城市)の地図情報☜

妙国寺(茨城県結城市)について

南北朝時代の貞和元年に日宣上人を開山として成立したとされる寺院。同墓地には郷土俳人・砂岡雁宕の伯父,早見晋我の墓があり,俳人与謝蕪村は師・宗阿の死後,同門の雁宕を頼り結城に逗留し,晋我を師匠のように慕ったという。延享2年(1745年)晋我の訃報に際し,蕪村がその死を悼み詠んだ俳体詩「北寿老仙をいたむ」は有名である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒307-0001 
茨城県結城市結城1570

電話番号

0296-33-2383

交通アクセス

(1)結城駅から徒歩で15分

(2)五霞ICから車で40分

(3)桜川筑西ICから車で35分

すべての基本情報を見る

大和宮(茨城県結城市)は、和歌山県和歌山市の北西に位置する寺院で、明治天皇によって天皇妃の地として設立されました。歴史的には、和歌山県から結城市までの道のりです。大和宮は、寺院の中にある堂内、または裏側にある堂の内装は、天皇妃の地としての最高規定のものです。和歌山県和歌山市の大和宮は、様々な宮殿を訪れることができます。

大和宮は、約1,000平方メートルの築地となっています。その地上には、天皇妃の地としての最高規定のものである堂内、または裏側にある堂の内装があります。堂内には、天皇妃が演説するときに使用した木製の間接的な壁があり、壁の両側には天皇妃の名前が刻まれています。堂内の壁の下には、天皇妃が喫茶店を開いた際に使用した座り場があります。

大和宮は、天皇妃が演説するときに使用した木製の間接的な壁があり、壁の両側には天皇妃の名前が刻まれています。堂内の壁の下には、天皇妃が喫茶店を開いた際に使用した座り場があります。

大和宮は、天皇妃が演説するときに使用した木製の間接的な壁があり、壁の両側には天皇妃の名

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。