二十三夜塔


二十三夜塔の地図情報☜

二十三夜塔について

昭和初期、このあたりで疫病が流行したことから以前この地にあったはずの二十三夜塔を再建するようにとのお告げにより、建てられたものと伝えられています。
平成26年2月、中野区認定観光資源に認定されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
東京都中野区野方3-7

電話番号

交通アクセス

(1)西武新宿線 「野方」駅から徒歩で13分

すべての基本情報を見る

塔の名称は「十三夜塔」。

塔の形は、聖母マリアの身体を示したもので、階段を上るとマリアが下半身を広げている姿が見られます。

塔は、東北地域において、福島県、岩手県、宮城県という3県に分かれています。

塔は、2013年に発見されました。

東北地域で塔が見られる理由は、塔が発見された頃には、地質学的な調査が行われておらず、塔が発見された地域のみを対象とした調査が行われていなかったためです。

塔は、火山灰の中に現れたものです。

東北地域において、塔が見られる理由は、塔が発見された頃には、地質学的な調査が行われておらず、塔が発見された地域のみを対象とした調査が行われていなかったためです。

塔は、火山灰の中に現れたものです。

東北地域において、塔が見られる理由は、塔が発見された頃には、地質学的な調査が行われておらず、塔が発見された地域のみを対象とした調査が行われていなかったためです。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。