光了寺


光了寺の地図情報☜

光了寺について

寺院芸術に、近代建築を見事に調和させた「宝物殿」があり、当寺には鎌倉時代初期に源義経の愛妾・静御前が葬られ、遺品として守本尊・舞衣・義経の懐剣が所蔵されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒306-0053 
茨城県古河市中田1334

電話番号

0280-48-1850

交通アクセス

(1)古河駅からバスで15分

すべての基本情報を見る

寺は、聖様の名前を取り、神様のお墓に贈られたものです。

寺は、霊廟とも呼ばれ、霊的な力を受けることができます。

寺には、人々に感謝の気持ちを持たせるために、修行場や祈祷場などがあります。

寺には、聖なる建物が多く、その中でも特に優れているものがあります。

寺には、神話や歴史を持つ建物が多く、その中でも特に優れているものがあります。

寺は、日本の文化に貢献してきました。

寺は、聖なる建物が多く、その中でも特に優れているものがあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。