平塚赤城神社本殿


平塚赤城神社本殿の地図情報☜

平塚赤城神社本殿について

本殿周囲に施された彫刻は、境渕名の名工 弥勒寺音次郎・音八の作といわれる。毎年7月7日に県内でも珍しい「お川入れ神事」が行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒370-0132 
群馬県伊勢崎市境平塚1163-1

電話番号

交通アクセス

(1)境町駅から車で10分

すべての基本情報を見る

赤城神社本殿は、江戸時代から現在まで、お守りとして使われてきた本殿です。

大正10年に赤城神社本殿が築かれたことを記念して、国宝の石碑が設置されています。

赤城神社本殿には、赤城神社の 神様がいるお守りの本殿と、お守りの本殿とともに、国宝の石碑が設置されています。

赤城神社本殿のお守りの本殿は、生まれた日から、お守りをする人々のために使われてきています。

お守りの本殿の中には、お守り用の紙と紙風船が入っています。

お守りの本殿には、神様のご加護をお願いしています。

赤城神社本殿には、国宝の石碑が設置されています。

国宝の石碑は、大正10年に赤城神社本殿が築かれたことを記念して、設置されています。

国宝の石碑は、お守りの本殿に設置されたものです。

赤城神社本殿には、お守りの本殿とともに、国宝の石碑が設置されています。

国宝の石碑は、大正10年に赤城神社本殿が築かれたことを記念して、設置されています。

国宝の石碑は、お守りの本殿に設置されたものです。

赤城神社

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。