本法寺(東京都墨田区)


本法寺(東京都墨田区)の地図情報☜

本法寺(東京都墨田区)について

狩野派の始祖正信の子・狩野元信(1467年~1559年)の墓碑がある。現在のものは昭和30年に再建された。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒130-0003 
東京都墨田区横川1-12-12

電話番号

03-3622-7279

交通アクセス

(1)都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

法寺は、東京都墨田区にある日本法寺で、様々な宗教を受け入れ、各国から多くの信者を持つ。人々にとって、法寺は健康、繁栄、幸福をもたらすと信じている。

入口には、観光客向けに新しいテラスが設けられている。テラスは、天井から高く掛かっている図柄のステンドグラスで、夜などの暗い時間に観光客たちを照らしている。

法寺内には、多くの宗教的文化的財産が保存されている。これらの財産には、例えば、聖堂、寺院、院殿、聖像などがある。

法寺内には、多くの道路がある。その中でも、観光客に人気の一つは、法寺の道路の真ん中にある、「天王寺」である。この道路は、夜など暗い時間に人たちが走っている。

法寺には、多くの施設がある。その中には、聖堂、寺院、院殿、聖像などがある。

法寺内には、多くの道路がある。その中でも、観光客に人気の一つは、法寺の道路の真ん中にある、「天王寺」である。この道路は、夜など暗い時間に人たちが走っている。

法寺内には、多くの宗教的文化的財産が保存されている。これらの財産には、例えば、聖堂、寺院、院殿、聖像などがある。

法寺内には、多く
法寺は、東京都墨田区にある日本法寺で、様々な宗教を受け入れ、各国から多くの信者を持つ。人々にとって、法寺は健康、繁栄、幸福をもたらすと信じている。

入口には、観光客向けに新しいテラスが設けられている。テラスは、天井から高く掛かっている図柄のステンドグラスで、夜などの暗い時間に観光客たちを照らしている。

法寺内には、多くの宗教的文化的財産が保存されている。これらの財産には、例えば、聖堂、寺院、院殿、聖像などがある。

法寺内には、多くの道路がある。その中でも、観光客に人気の一つは、法寺の道路の真ん中にある、「天王寺」である。この道路は、夜など暗い時間に人たちが走っている。

法寺には、多くの施設がある。その中には、聖堂、寺院、院殿、聖像などがある。

法寺内には、多くの道路がある。その中でも、観光客に人気の一つは、法寺の道路の真ん中にある、「天王寺」である。この道路は、夜など暗い時間に人たちが走っている。

法寺内には、多くの宗教的文化的財産が保存されている。これらの財産には、例えば、聖堂、寺院、院殿、聖像などがある。

法寺内には、多く

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。