如意輪寺(東京都西東京市)


如意輪寺(東京都西東京市)の地図情報☜

如意輪寺(東京都西東京市)について

本尊は不動明王。古来より馬頭観音の霊場として有名。かつて境内で行われていた市の様子を描いた「馬駈け市大絵馬」(市指定文化財第44号)が奉納されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒202-0011 
東京都西東京市泉町2-15-7

電話番号

042-421-3014

交通アクセス

(1)ひばりヶ丘駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

意輪寺は、東京都西東京市の西東京区にある。建造は江戸時代に始まり、現在も若手芸術家が手掛けている。特に広く知られているのは、約500台の輪舞楽器を所蔵していることで、意輪寺は日本一の輪舞楽器博物館としても指摘されている。 人口は約2000人。寺院内には個別の木造建物があり、その中でも特に築回数が多いのが、茶器の製造所である「茶器寺」。 また、寺院内には「輪舞楽器楽園」としての演奏場もあり、多くの芸術家が演奏を行っている。 今回は、意輪寺を詳しく紹介したい。

意輪寺は、江戸時代に始まり、現在も若手芸術家が手掛けている。特に広く知られているのは、約500台の輪舞楽器を所蔵していることで、意輪寺は日本一の輪舞楽器博物館としても指摘されている。

人口は約2000人。寺院内には個別の木造建物があり、その中でも特に築回数が多いのが、茶器の製造所である「茶器寺」。 また、寺院内には「輪舞楽器楽園」としての演奏場もあり、多くの芸術家が演奏を行っている。 今回は、意

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。