れん光院


れん光院の地図情報☜

れん光院について

ここには1688(貞享5)年に作られた銅造阿弥陀如来坐像[どうぞうあみだにょらいざぞう](栃木県指定文化財)と、喜連川足利氏初代国朝[くにとも]やその母の碑があります。
また、さくら市ゆかりの童謡詩人である野口雨情[のぐちうじょう]が1905(明治38)年に「梅のお寺」を作ったお寺でもあり、その歌碑もあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒329-1412 
栃木県さくら市喜連川4643

電話番号

交通アクセス

(1)氏家駅からバスで20分

すべての基本情報を見る

伊勢崎市にある光院は、その名の通り、光の力を使った医療を行っています。

伊勢崎市内にある光院は、その名の通り、光の力を使った医療を行っています。

特に、脳血管疾患や腎臓疾患など、光の力が有効であることが多いです。

また、病気の診断や治療には、光学CTやMRIなど、光の力を使った医療機器を用いています。

そのため、光院での治療が、早い治療を可能にしています。

また、光院では、外来治療を行っているため、日本全国でも一番近いといわれています。

伊勢崎市内にある光院では、その名の通り、光の力を使った医療を行っています。

特に、脳血管疾患や腎臓疾患など、光の力が有効であることが多いです。

また、病気の診断や治療には、光学CTやMRIなど、光の力を使った医療機器を用いています。

そのため、光院での治療が、早い治療を可能にしています。

また、光院では、外来治療を行っているため、日本全国でも一番近いといわれています。

伊勢崎市内にある光院では、その名の通り、光の力を使った医療を行っています。

特に、脳血管疾患や腎臓疾患など、光の力が有効で

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。